< 2018年07月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
アクセスカウンタ

2018年06月30日

紬のキモノに角だし結び

関東地方では梅雨明け宣言が出たそうですが
宮崎はまだまだ雨続きの毎日です


お陰で庭のお野菜たちが
元気なのはイイのですが

この時期着るものに悩みます

ということで先日の取り合わせは
こんな感じでした

薄物と単の間くらいな紬のキモノです
衿裏などは完全に夏キモノ仕様なのですが
よくよく見ないと透けて見えないので
今の季節になると登場します

方身代わり風のシャープな柄の
着物なので、帯は柔らかく

洒落袋帯で
角出しを結んでみました

あまりに長い帯だったので
両輪の角だしです

この帯は母が以前作ってくれたもので

元は母の夏キモノだったモノ
裏に使わなくなった夏帯を芯代わりに貼って
夏帯に作り直してくれました

これも真夏には暑苦しいので
今の季節によく登場してます

さてさて、この日のレッスン
生徒さんには夏キモノを着て頂きました

薄物なのですが「でんでん虫」柄なので
梅雨の開ける前しか着ない
と、決めてるキモノです

綺麗に透けるので肌着からキチンと
着ないといけないのはモチロンのこと

手の動きまで見えるので
生徒さん大変です(笑)


生徒さんには、夏の半幅帯で
私と同じ結び方に挑戦してもらいました

半幅で結ぶ割り角出しです

もちろん忘れないように
お太鼓結びも復習

こちらはキリリと引き締まった感じの
取り合わせになりました

夏キモノは軽やかなので
気分も軽くなりますよね~

これからのシーズンが楽しみです(^^♪







同じカテゴリー(キモノのこと)の記事画像
有難うございました
第24回 認定式&着物パーティ
お稽古の日
講師1級試験
着付け技能検定
卒業、おめでとう~
同じカテゴリー(キモノのこと)の記事
 福岡での着付け教室 2日目 (2018-07-22 12:00)
 福岡での着付け教室 1日目 (2018-07-21 12:00)
 初めての夏きもの (2018-07-20 23:55)
 初めての半衿つけ (2018-07-19 23:55)
 目黒での着付けレッスン (2018-07-17 23:55)
 講師3級を目指しての特訓 (2018-07-15 23:55)

 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
紬のキモノに角だし結び
    コメント(0)